Yoga and Medical Science

Dr. Ramesh Bijlani (ラメシュ・ビジュラニ先生)は医師であり作家、先生、科学者、ヨーガの道を探求する者として日々多くの人々に教えを与え続けています。ビジュラニ先生の著書の中でヨーガと現代医学の出会いについて以下のように述べられています。

「現代医学は1900年~1950年の期間の間に壮大な進歩を遂げ、いくつかの感染症はワクチンと抗生物質の助けを借りて克服することができました。画像技術と臨床生化学の発展により診断制度が各段と向上し、手術も安全なものになりました。その結果、寿命は大幅に伸びたものの、現代の人々は慢性的なストレスによる疾患や生活習慣病に代表される別の種類の病に悩まされています。

これらは、感染症や栄養失調とは違って、ひとつの明確に識別可能な要素の有無に起因する病ではなく、何十年にもわたってゆっくりと蓄積したダメージの結果引き起こされます。精神的ストレスを主だった付随物とする不健康なライフスタイルによって、少しずつ静かに私たちにダメージを与えます。そこで、病気の予防と管理のために精神的ストレスを克服するための良いライフスタイルとその戦略の探求が始まりました。これらの探求はいずれも、精神的な平和を持続させるための素晴らしいライフスタイルと処方箋を持ち合わせるヨーガのような古代の訓育の再発見に収束しました。

ヨーガのような心身アプローチを現代医学に取り入れることについて次々に多数の疫学的、臨床的、実験的研究が行われ、2000年までには心と体の関係は強力な科学的基盤を持つこととなりました。ラリー・ドッシー(Larry Dossey)によると、1950年に現代医学は物理医学の時代から、心身医学の時代に入ったと述べられています。その新たな次元はヨーガの領域に大きく依存しています。このようにして古代の叡智が現代医学の一部になりました。」(『Back to Health through Yoga』をもとに情報をまとめました。)

西洋科学と東洋科学の融合の実例としては、米マサチューセッツ大学医学大学院教授であるジョン・カバットジン博士が同大学にストレス低減センターを立ち上げ、西洋科学とマインドフルネスを統合させたマインドフルネスストレス低減法を教え始めたことが挙げられます。そこで博士は、ヨーガをするということは、「心と体を結び付ける」ことであり、「心と体が一体となった経験をする」ことであると述べていて、マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)において、注意を集中しながら行うヨーガ瞑想法は、ボディースキャン、静座瞑想法とともに、ストレスクリニックの瞑想法の三本柱の一つとなっています。


Dr. Bijlaniは「Yoga is a way of life.(ヨーガは生き方である)」という点を重要視されます。ヨーガは決してアーサナ(ポーズ)と同義ではなく、生き方そのものであり、日々の生活の中にいつもYogic Attitude(ヨーガの心がまえ)を取り入れることこそが大切であると。

ヨーガが教えてくれる心と体へのホリスティックなアプローチは、私たちが現代社会の中で抱える様々な問題の解決策になると信じています。

Photo by Pixabay on Pexels.com