About YOGA

ヨーガの歴史

ヨーガという言葉は「結ぶ」「つながり」「結合」を意味するサンスクリット語のyuj(ユジュ)に由来します。その歴史は諸説ありますが、一説に約4500年~5000年前のインダス文明に遡るとされます。インダス文明最大級の都市遺跡「モヘンジョダロ遺跡」では坐法を組んで瞑想する印章や様々なポーズをとる陶器製の像などが発見されています。

以下の写真は、インドのニューデリーにある国立博物館で2009年に私が実際に撮影してきたものです。すべての展示品の写真撮影が認められていて本当に驚きました。無我夢中でシャッターをきったのを覚えています。

インド, ニューデリー国立博物館にて撮影
インド, ニューデリー国立博物館にて撮影

美術館の方が教えてくださいましたが、高価なもの、煌びやかなものの多くはイギリスにあるということで、こちらの博物館に飾られている文化品の数々は質素でしたが、とても心に訴えるものがあると感じました。インドの神々、時代ごとに変化する仏像の数々や、お釈迦様のお骨(仏舎利)が舎利容器に納められて金色の美しいストゥーパと一緒に展示されています。余談ですが、このストゥーパが日本でお墓に供えられる卒塔婆(そとうば・そとば)の語源だそうです。

この美術館で私は、本当に多くの日本の文化がインドにルーツを持つことを知り、心から驚いたとともに、自分の無知さが恥ずかしくなりました。それから「歴史」にも興味を抱くようになりました。

さて、話をヨーガに戻しますね。ヨーガ最古の経典としては紀元後4~5世紀頃にヨーガの聖者パタンジャリによって編纂されたヨーガ・スートラが有名です。悟りに至るためのアシュタンガ(八支則)ヨーガの教えを説いています。また、インドの聖典のひとつである「バガヴァッド・ギーター」からも深く広いヨーガの叡智を学ぶことができます。

ヨーガとは?

恩師Dr. Bijlaniはまずヨーガは何かを語る前に、ヨーガではないものは何かを教えてくださいました。以下に恩師の教えを私なりにまとめてみたいと思います。

「ヨーガはポーズのことを指すのではなく、呼吸法や瞑想と同義でもありません。これらはヨーガの練習を深めるためのテクニックであり、正しく深めるための助けです。

人間は不完全な存在であるため、その人生を通じて精神性を高める必要があります。精神性の向上を神性(=完全性)に向かうという意味で神(Devine)に近づくもしくは、神との融合(大いなるものとの一体化)と呼ぶのかもしれません。そして、それこそがヨーガの起源となるyuj(ユジュ)を表しています。その道は長く険しいので私たちには体系的な取り組みへの努力が必要とされます。そのためほとんどのヨーガの流派は良く練られた練習や技術によりシステム化・メソッド化された技法を携えています。ポーズや瞑想などのヨーガの技法を日々実践することは、ヨーガの態度をもって日々を生活することに直結していきます。そうしてヨーガの技法がより大きなヨーガの道に浸透してゆきます。」

日々の生活すべてをヨーガの態度を持って行う。それこそが、自分自身、そして大切な身の回りの人々、さらにはすべての人々、自然、地球を大切にする生き方だと学びました。

ヨーガの種類

ヨーガには、現在最も人気のあるハタ・ヨーガ(ポーズや呼吸法を中心としたヨーガ)以外にも多くの種類が存在します。自分自身が “一番はじめやすく、好きな種類” を知ることもヨーガの楽しみの一つであると思います。そこで以下にヨーガの大まかな分類を表にしてご紹介します。


ヨーガのいろは

以下にヨーガの学びを様々な側面から切り取りご紹介したいと思います。お好きな項目をクリックして詳細をご覧ください。


参考サイト:

インドの国立博物館:http://nationalmuseumindia.gov.in/en