メキシコで活動するAnaさんのサイト「Peregrinum」にYoga×SDGsの講義を掲載いただきました

オンラインサイト「Peregrinum」の運営をはじめ、POP(Protect Our Planet)Plastic Oceansを代表とする様々な組織で環境活動家として活躍するAna Hanhausenさん。最近では新たに「The Color Book」という取り組みもはじめられています。
そんなAnaさんがPOPでの「ヨーガとSDGsの繋がりについて」の講義をご自身のブログで分かりやすくまとめ伝えてくださいました。

Peregrinum(スペイン語のサイトです):
El Yoga como un medio para alcanzar los ODS. (wixsite.com)

ブログの翻訳内容は以下の通りです。
Anaさん、ありがとうございます。


今年の1月、POPムーブメントが主催する川野みどりさんの毎月のヨガセッションに参加しました。 それは私が非常に興味を持っている2つのトピック、「ヨガと持続可能な開発」を結びつけていたので、私はとても共感しました。 私の仕事は持続可能な開発に非常に関連していて、ヨガをするのも大好きですが、それらが関連しているとは思いもしませんでした。環境保護論者とヨギの両方にこれを共有することが重要であるように見えました。

国連の持続可能な開発のための2030アジェンダは、人々と地球(惑星)に利益をもたらす計画を示しています。 それは17の持続可能な開発目標(またはその頭字語のSDGs)で構成されており、惑星、人、繁栄、平和、同盟(英語でのパートナーシップ)の5つの「P」で簡単に要約できます。

①「Planet(惑星)」とは、地球の天然資源を保護し、将来の世代のために住みやすい気候を確保することを指します。
②「People(人々)」とは、すべての人々の尊厳と平等を確保するために、あらゆる形態の貧困と飢饉を終わらせることを指します。
③「Prosperity(繁栄)」とは、自然と調和した豊かでやりがいのある生活を保証することを指します。
④「Peace(平和)」とは、平和で公正で包摂的な社会を促進しようとすることを指します。
⑤「Partnership(同盟)」とは、SDGsを実施する必要性を指します。

みどりさんは、ヨガの教えは、社会がこれらSDGsの5つの「P」に近づき、人々と地球の両方の平和で豊かな未来を実現するのに役立つとして、5つの直接的な方法について話してくれました。

1.ヨガは私たちの心身の健康を改善します。

研究によると、ヨガはストレスを予防・管理し、不安やうつ症状を和らげるのに効果的です。さらに、ヨガは、とりわけ高血圧、肥満、心臓病と戦うのに有益である可能性があることがわかっています。これは、健康的な生活を保証し、幸福を促進することを目指すSDG 3:「健康と幸福」と密接に関連しています。

2.ヨガは菜食を促進します。

ヨガは、私たちの体への利益だけでなく、非暴力の原則と特定の種類の食品による精神的健康の探求のために、菜食を促進します。一方、畜産物の消費は、多くの土地と水を必要とし、多くの温室効果ガスを排出するため、環境への影響は非常に大きくなります。これが、動物性食品の少ない食事への移行が地球を助け、「SDG 13:気候のための行動」と「15:陸域生態系の生活」と一致する理由です。

3.ヨガの哲学は、満足の重要性について教えてくれます。

ガンディーが言うように、「惑星は私たちのニーズを満たすのに十分なものを私たちに与えてくれますが、それは私たちの欲望を満たすためではありません。」このヨガの考え方は、「SDG 11:持続可能な都市とコミュニティ」と非常に密接に関連しています。満足することで、経済成長だけでなく、繁栄を再考し、持続可能性と調和に焦点を当てることができるからです。

4.ヨガの練習は、私たちが私たちの心とつながり、内なる平和を見つけることを可能にします。

ヨガの練習は、より意識的なライフスタイルを実現するために、私たちの体、呼吸、心をつなぐことを可能にします。これにより、「SDG 16:平和、正義、堅実な制度」に沿った内なる平和を見つけることができます。これは、公正で平和で包摂的な社会の促進を目指しています。

5.ヨガは私たちに一体感を与えてくれます。

最後に、ヨガの集合的な実践は、「SDG17:目標を達成するための同盟」に関連する団結を感じることを可能にします。それは持続可能な開発のための世界的な同盟を活性化することを目指しており、ヨガが促進する団結はそれを達成するための手段です。


このトピックを詳しく見てみると、SDGsとヨガの関係が多くの場所で報告されていることがわかりました。実際、インドのナレンドラ・モディ首相は、私たちのライフスタイルの変化とヨガの実践によって生み出された意識は、気候変動とより効果的に戦うのに役立つと述べました。さらには、2016年に国連がさらに一歩進んで2030アジェンダを達成するための手段として「ヨガ」を提案するように導きました。


投稿者: Midori

ヨガインストラクター・英会話講師