ヨガのお話(5)【アシュターンガ ヨガ】

【Ashtanga Yoga ~ The Eight-Fold Path】

Ashta(アシュタ)は「8」を意味し、anga(アンガ)は「肢」又は「要素」を意味します。8肢のヨガ:アシュターンガヨガは、以下の8つの段階で構成されています。

1. Yama(ヤマ)・・・道徳律

2. Niyama(ニヤマ)・・・修練による心の浄化

3. Asana(アーサナ)・・・正しい姿勢と動作の訓練(いわゆるヨガのポーズ)

4. Pranayama(プラーナーヤーマ)・・・呼吸法

5. Pratyahara(プラティヤーハーラ)・・・欲望や外的対象による支配からの心の解放

6. Dharana(ダーラナー)・・・集中

7. Dhyana(ディヤーナ)・・・瞑想

8. Samadhi(サマーディ)・・・解脱・解放

これらを鍛錬することで、より健康な身体と自己をコントロールする心を磨くことができ、より慈悲深く、思いやりと愛情に満ちた人間へと成長できるとされています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中