Yoga and Zen

ヨーガの発祥から日本への流れをオレンジ色に。
仏教と禅の発祥と日本での興りを水色に色分けして
それぞれの歴史の流れと交わりを記した歴史図です。

上記資料のPDFをご用意しました。
以下よりダウンロード可能です。
ご自由にご利用ください。


八支則のヨーガ(アシュタンガヨーガ)と仏教の八正道

八支則のヨーガ(アシュタンガ・ヨーガ)

1. 禁戒 (Yama):非暴力、正直、不盗、禁欲、不貪   
2. 勧戒 (Niyama):清浄、知足、苦行、修養、祈念
3. 坐法・ポーズ(Asanas)
4. 呼吸法 (Pranayama) 
5. 感覚制御 (Pratyahara) 
6. 集中 (Dharana) 
7. 瞑想 (Dhyana) ➔ディヤ-ナ➔中国で禅那と音訳➔「禅」
8. 三昧 (Samadhi)

八正道

  1. 正見(正しい見解)
  2. 正思(正しい決意)
  3. 正語(正しい言葉)
  4. 正業(正しい行い)
  5. 正命(正しい生活)
  6. 正精進(正しい努力)
  7. 正念(正しい思考)= マインドフルネス
  8. 正定(正しい瞑想)

ヨーガと仏教を繋ぐ「ウパニシャッド」

「ウパニシャッド」はサンスクリット語で書かれた「ヴェーダ」の関連書物であり約200以上ある書物の総称。一般には「奥義書」と訳されています。

この中心となっている考え方は、「ブラフマン(梵:宇宙の根本原理)とアートマン(我:自我)が一体化した境地に至る梵我一如の思想」です。
輪廻や解脱の考え方はインド思想の原点であり、仏教にも引き継がれています。
ヨーガではこの梵我一如の境地を「サマーディ(三昧)」と呼びます。ヨーガの中にも様々な教えがあり、三昧を解脱と解釈する書物や流派もあれば、私がインドで習ったインテグラルヨーガの創始者であるシュリ・オウロビンドは「Yoga is a journey towards self-perfection by employing systematic effort.(ヨーガは体系的な取り組みによって自己の完結 / 自己の統合を目指す旅である)」と述べています。
このように創始者や文献によって様々な説明や解釈がされますが、私自身の解釈は「一個体として生まれてきた私たちひとりひとりが、全体性とのつながりを学び感じ取り、自己と他を分け隔てなく愛して幸せに生きるための旅」であると解釈しています。

Photo by Pixabay on Pexels.com